カラオケが趣味な人への、上手く歌うための練習法

高校時代に初めてカラオケ行ってから、趣味としてカラオケに良く行くようになりました。特に大きな声を思い切りだすことですっきりとした気分になり、ストレス発散に最適です。カラオケを歌い始めた頃は、声の出し方も分からず、上手く歌うことができませんでした。ですが、歌い続けて行くうちに、歌い方のコツがわかるようになり、大きな声で気持ちよく歌えるようになりました。

大きな声を出すコツは、腹式呼吸です。息を吸うときにお腹が膨らむように吸い、吐くときに逆にへこむようにする呼吸法です。呼吸をする時にお腹に手を当ててみるとお腹の動きが分かるため、腹式呼吸が出来ているかどうかの判別になります。また、音程を取る練習として、お風呂場で鼻歌で歌ってみると、声が反響しやすく、自分の声が聞こえやすいため、音程が取れているか分かりやすいです。鼻歌で歌えるキーは実際に自分が出せるキーでもあるので、色々歌ってみると自分の歌えるキーが分かりと思います。

また、今は一人カラオケも流行っていて、ヒトカラ専門店もあります。一人なら好きな歌を好きなように練習することが出来ますし、マイクを通した声を聴きながら歌えるため、ヒトカラを利用して練習することも効果的です。

Copyright (C)2018私の趣味はインターネット.All rights reserved.